記録的大雨被害対策を申し入れ


大雨の降り始めから、2週間となりました。秋田県の調査では8月4日現在、河川・道路などの土木被害総額は135億円超に上り、住家、非住家の浸水被害も2千棟を超えました。
日本共産党秋田県委員会は4日、加賀屋ちづ子県議が佐竹知事に被害対策を具体的に申し入れしました。
佐竹知事は加賀屋議員に「災害時に県外でゴルフに興じ、飲酒のため県庁での災害対策連絡落会議に間に合わなかった」ことについて、深々と頭を下げ陳謝し「災害対策に全力を尽くさせてください」としました。
加賀屋議員は「対策に全力を尽くすことは当然です」と答え、申し入れ書を手渡しました。

申し入れ書の内容について

もどる
(c)日本共産党秋田県委員会
秋田市中通5丁目1-19 
TEL 018-833-7854 FAX 018-835-7952 E-mail jcp-akt@theia.ocn.ne.jp